09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»10

3年契約の日記

ハマスタ行きたい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【GWN】第一回個人主催大会「赤服杯」レポートその2~デッキ分析:茶単編~ 

さて今回は「赤服杯」で上位入賞したデッキを分析していきます。
まずは1位に輝いたハニわさんの「茶単」を見てみましょう。



「茶単」
【UNIT:27】
3 ∀ガンダム
3 ドラゴンガンダム
3 クーロンガンダム
3 マスターガンダム
3 デスビースト
3 デスバーディ
3 ガンダムシュピーゲル
3 デビルガンダム
3 ガンダムエアマスター
【CHARACTER:9】
3 ロラン・セアック
3 ドモン・カッシュ
3 シュバルツ・ブルーダー
【COMMAND:11】
3 死の包囲網
3 15年前の悪夢
3 生きている遺跡
2 共に戦う仲間
【OPERATION:3】
3 魔性の支配力
【SIDE】
1 ストライクガンダム&キラ
2 スモー(ハリー機)×2
1 ガンダムDX×1
3 アルゴ・ガルスキー
3 ミリシャ増強


最近でも使用率を伸ばしてきた《デスビースト》、《デスバーディ》を入れた茶単。メインボードは《共に戦う仲間》を除いて全て3積みされています。
特筆すべきは《クーロンガンダム》、《マスターガンダム》と《ロラン・セアック》が採用されているところでしょう。
現環境の一般的な「茶単」には《マスターガンダム》はあまり採用率が良くなく、《ガンダムDX》に立場を奪われがちですが、ここに現環境でもトップの使用率を誇る「赤青コレクタブル」に対してを考えていけば、事情は少し異なります。
「赤青コレクタブル」と「茶単」のマッチアップは、茶側の《15年前の悪夢》に対する回避や《デスビースト》を中心としたクロックを止める手段として《ガザC(ハマーン機)》を積極的にプレイするスタイルが認知されていると思いますが、《ガンダムDX》や《秩序を乱すもの》は、チップに対して-コインを乗せられないので直接的な解決策となっていません。
それに対して《クーロンガンダム》、《マスターガンダム》はどちらもチャンプブロックに対する能力を持っています。また《ロラン・セアック》も同様に1体でのチャンプブロックを許さない点や台湾大会で優勝した「赤青黒00」のキーパーツである《ソレスタルビーイング》に対しての回答でもあり、今回の環境に合致した選択と言えます。
今回の赤服杯では2本先取60分ということでしたが、引き分けも数多くありました(その点は「赤服のガンダムウォーネグザ」さんの「サイドボードと60分」で)、その中でも「攻めの構築」で引き分けずに優勝したこの「茶単」は、3月のネグザグランプリでもデッキタイプの指標として考えておく必要があるのではないでしょうか。

次回は「黒緑デスゲイルズ」について。お楽しみに。
スポンサーサイト
TCG  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

この記事に対するコメント

ユニットチップにもコインは乗りますよ

URL | まつお #YmpeaqZA

2013/01/23 22:35 * 編集 *

>まつおさん
ルールブックP67、チップの扱いにて
●セットカードのセットや、コインを乗せることができない。
と明記されていますよー

URL | フォル #ZBwuyhXk

2013/01/23 23:36 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bluebeats.blog89.fc2.com/tb.php/355-01718454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。