FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

3年契約の日記

ハマスタ行きたい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【GWN】刻の鼓動レビュー~青~ 

こんにちはー。

久々の更新。今日からは発売から約1ヶ月が経ったGWN刻の鼓動のカード群を見ていきます。スターターは最後の予定。

「ガンダムMk-Ⅱ」
4-1のカードとしては高い戦闘力が魅力で、≪百式≫出した次のターンにも展開しやすい。しかし防御力3が気になる。幸い青には≪インテンション・オートマチック・システム≫や≪フラウ・ボゥ≫等焼きには一定の耐性はあるものの≪武力介入≫はどうしようもないので気を付けよう。

「Zガンダム」
ロールインではあるものの兎に角ダメージレースに滅法強い。刻の鼓動では青のZサインでまとめると5国以上のユニットがこの≪Zガンダム≫しかないので長期戦を前提として構築は難しく、このカードの「高機動」をより活かせるスライチックなデッキ構成がオススメ。
その為か現在の一般的なZデッキはサインのまとまりは最低限の範囲で、≪バンシィ≫、≪バンシィ(デストロイモード)≫を入れた長期戦を視野にいれたリストになっている。

「ウェイブライダー」
着地するタイミングが限られる≪カミーユ・ビダン≫やZサインのユニットと強力な繋がりを持つ≪クワトロ・バジーナ≫をサポートする強力なカード。またZデッキでの中では≪百式≫の存在から射撃値を活かしやすく、「クイック」である点も含めてかなり重要な位置に存在するカードと言える。

「リック・ディアス(ロベルト機)」
Zデッキでは≪Zガンダム≫の存在からダメージレースになる状況は少ない為、このカードの出番は少ない。青黒にして≪ドゴス・ギア≫と合わせる等工夫が必要だ。

「リック・ディアス(アポリー機)」
防御力を上げる効果は攻防に役に立つが、Zサインという縛りの中では「ゲイン」と比較された場合やはり余乗なものになりがち。

「アーガマ」
出撃したユニットを起こした分だけ相手のターンは見えているもので戦うことになるので使うタイミングに気を付けたい。Zデッキは≪ガンダムMk-Ⅱ(フライングアーマー)≫や≪ウェイブライダー≫等「クイック」が起点となるカードが多いのでその隙間で使っていければ。

「ジム改[ケラノウス所属機]」
2国で「クイック」「ゲイン」持ちとZデッキの上ではかなり重要。序盤のクロックから中~終盤にかけては≪クワトロ・バジーナ≫との組み合わせでターンを伸ばす動きも期待できる。

「ハイザック[アイリス]」
≪リゼル≫と違い新ACEの影響下でも効果を発揮でき、また混色での運用も見込める。改装[ハイザック系]も含め今後の活躍しうるカードである。

「バンシィ(デストロイモード)」
6-4という非常に重いコストから青には不釣合いな「強襲」を備えた大型ユニット。終盤ではその「強襲」が活きる点が大きく押しの一手に一役買ってくれている。また青同士のマッチアップでは≪クワトロ・バジーナ≫に対して牽制するテキストがあり、重宝されている。

「Oガンダム」
コマンドなどを手に入れながら戦えるコントロールデッキの核になりそうなユニット。現在はこのカードのロールコストに対して見合う能力を持ったカードが少ないので、今後の展開に期待したい。

「カミーユ・ビダン」
余ったコストを活かせるキャラクター。着地するタイミングは限られるものの、一度場に出てしまえばそのゲーム中はほぼ場に残り続けられる。格闘力3という点も乗るユニットに左右されずしっかり打点は叩き出すことが出来、強力である。≪百式≫の出撃後にテキストを使用した場合、得た戦闘修正は消えてしまうので気を付けよう。

「ファ・ユイリィ」
主な用途は≪ハヤト・コバヤシ≫の様な「場に出た場合~」能力を持ったキャラクターの使い回しだろう。スペックは割と高いのでその様なシナジーがあればデッキに入るチャンスはある。

「ブライト・ノア」
現在のカードプールだと「供給」を含めて2コストもかかってしまうので今後0コストの「供給」持ちユニットに期待したい。

「アポリー・ベイ」
テキストを含めれば2-2でALL+2キャラクター。どこにいるユニットにも飛ばせるのは魅力的。

「ヴァン・アシリアイノ」
高いスペックを活かして≪百式≫と一緒に使っていきたい。

「ダニカ・マクガイア」
≪ヴァン・アシリアイノ≫と並べばかなり高い戦闘修正に。そしてかわいい。

「ニュータイプの力」
複数のユニットが並んでいる時に効果を発揮するカード。しかしユニット1枚に対してALL+2ではコンバットとして若干役不足なので≪ニュータイプの相克≫に期待したい。

「刻の鼓動」
手札の質を向上させるカード。青Xなので混色では使いづらい。Zデッキ等で≪ウェイブライダー≫や≪バンシィ≫を構えた中で使っていきたい。

「エゥ-ゴの参画」
中盤以降では10点前後の回復が見込めるカード。使用するタイミングは敵軍ターンなので余ったコストは≪カミーユ・ビダン≫等に回そう。

「神の降臨」
道連れ系カード。対象を取らないのでコマンド主体のデッキの裏の手として。

「戦いの適応」
2ターン目に出して1国で出したユニットに対してや3ターン目に出して≪ジム改[ケラノウス所属機]≫等に使っていきたい。帰還ステップなので構えた分を還元出来る点は優秀である。

「サブフライトシステム」
高機動ヽ(`Д´)ノ
スポンサーサイト
TCG  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bluebeats.blog89.fc2.com/tb.php/346-4f438c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。