FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

3年契約の日記

ハマスタ行きたい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【GWN】ACCEL OF NEXT AGEレビュー~茶・白~  

その3。

≪ボルジャーノン(ギャバン機)≫
EX1弾では「ミリシャ増強」や「バウ」、1弾では「ボルジャーノン」、「ジム」などと合わせて。
同じユニットを対象に取れるためギャバン機が2体いればチップのサイズはすごいことに。
使う場合は2体出すのを目指していこう。

≪ウォドム≫
ユニットというよりオペレーション的な感覚のカード。
ロールコストは1なので他のユニットの展開を阻害しにくく、相手が構えた次のターンに出してもテキストが起動出来る点は◎。射撃も高く茶色に足りない部分を補うカードと言える。

≪ガンダムローズ≫
高い射撃値とテキストを絡めてビートダウンに。
敢えて混色で使うというより「共に戦う仲間」を合わせて使えればという感じではある。

≪アラクノガンダム≫
2国で出て実質4点。キャラクターや「共に戦う仲間」「インテンション・オートマチック・システム」などを使えばさらに上がる。
戦闘配備がない分打点の伸びしろは高いので早いデッキには是非入れたい。

≪マスターガンダム≫
ただ強。基本的に出して殴るだけ。
このゲームで高サイズ+強襲が強いのは「ガンダムAGE-1タイタス」や「∀ガンダム(ハンマー装備)」が実証済みなので毎ターンかかるコストがないマスターガンダムは安定して使えるだろう。

≪ギャバン・グーニー≫
2-2なのでせっかく得たゲインが出したターンに使えない。

≪ジョルジュ・ド・サンド≫
3国ロールコスト2が重いが後ろに回れば戦闘力は実質4点増える。
「ミリシャ増強」などと合わせて消耗戦には使えるか。

≪フランク・ガストロ≫
展開したユニットは手札に戻らないので当たれば強力。
とはいえそうそう狙ったユニットが出るとは限らないので「シャイニングガンダム」と合わせて回数を使うことを前提にしよう。

≪共に戦う仲間≫
ALL+4。強襲とも相性が良く茶には嬉しい。
混色での運用は3色にするのがベターだろう。

≪ミリシャ増強≫
チップが2体出るので両面パンチも防げ、一時休戦の様に使える。
とはいえ所詮1-1-1なので強襲や「ハンブラビ」などには無力。過信は禁物である。

≪貴婦人修行≫
オペレーションなので「ノブッシ」や「デスペラード」と違い、出したターンはロールコストが減らない。
ユニットではないので除去に巻き込まれることもなく、プランを組みやすいカードである。

≪達人の介入≫
上がるのは格闘値だけなので速攻や強襲と合わせて。
茶色では序盤の「ネロスガンダム」から後半の「マスターガンダム」まで活躍が期待できる。

≪ガンダムデスサイズ(EW)≫
5国5-1-5戦闘配備+ゲインとスペックは高い。
テキストも黒緑や赤緑の様なコマンドでコントロールする相手には強力。

≪エアリーズ≫
1国高機動だが適正は地球、GサインはWと同じ低国力高機動の「メビウス・ゼロ」には足並みが揃わない。
ドラフトでは活躍の機会があるか。

≪フリーダムガンダム≫
高機動6点というのもさることながら場に残るというのは毎ターンPS装甲によってコストがかかってしまう白にとって重要で、高い射撃値も合わせて隊列を組んでもいい。
「マスターガンダム」と違い単機でというよりは周りの足並みによって左右するカードである。

≪デュエルガンダム(アサルトシュラウド)≫
PS装甲としては合計5ロールコスト2と重く、活躍の場は少ない。
改装から押しの一手として。ちなみに絵は今弾で1番好きです。

≪ミゲル専用ジン≫
白には「ラクス・クライン」の様なゲインを軸とした戦法を取るカードがあるのでこのカードにはかなり期待。
「ミゲル・アイマン」もPSと相性が良く後半にはこれに乗せて高機動、という戦法も。

≪デュオ・マックスウェル≫
基本的には相手のフルタップアタックの返しにユニットを取るという感じ。
出すタイミングは非常にシビアなので使う場合は相手にそういう状況を取らせる様に動いてみよう。

≪ラクス・クライン≫
ゲインの効果を更に増大させるカード。基本的には場に配備することになるだろうがゲインのない「エールストライクガンダム」等にも。
効果の是非がゲインに依存する分不安定なので、デッキのGサインSEEDでまとめる等しっかりサポートしていきたい。

≪ミゲル・アイマン≫
2国2点速攻と各種PS装甲に足りない所を補える。
相手にグラフィックがあった場合はてんで機能しなくなってしまうのでそこには気をつけよう。

≪共に戦う仲間≫
ALL+4。PS装甲の関係上キャラクターを乗せにくい白にはサイズアップは重要。
基本的なユニットも強襲、高機動と打点を通しやすいユニットが多いのでそこに合わせて使っていこう。

≪目に見えぬ死神≫
ラストに。「ウイングガンダムゼロ(ネオバード形態)」と合わせて。

≪バスターライフル≫
交戦中という条件はかなりシビアなので基本は混色で。

≪黄昏の魔弾≫
高機動が付くのは評価できる。

≪舞い降りる剣≫
白は「行き過ぎた悪態」「アグニ」や「エールストライクガンダム」など偶数コストを残すのがメインとなるので3国であるこのカードは難しい。
しかしタイミング的には「ギャプラン」や「GNバズーカ」など差し込めると強力な部分はあるので採用も一考。
スポンサーサイト
TCG  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bluebeats.blog89.fc2.com/tb.php/318-8f907bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。