12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

3年契約の日記

ハマスタ行きたい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【GWN】 CROSS LINK環境総括 

今日は「ユニコーンの日」「希望の象徴」が発売してしまいましたが前環境総括!ということで「CROSS LINK」環境で活躍したデッキをおさらいしていきます。


【単色】
・緑単撃墜王
・茶単デビル
・白単W
【混色】
・赤青コレクタブル
・赤青黒00
・黒緑デスゲイルズ
・茶系3色


・「緑単撃墜王」
《高機動型ザクⅡ(ジョニー・ライデン機)》を中心として「クロスウェポン:撃墜王」を軸としたビートダウンデッキ。《グフ(ランバ・ラル機)》の「強襲」や「クロスウェポン」による「高機動」付与など高い攻撃性能を携えたこのデッキは、今環境でもかなり注目されたアーキタイプでありました。環境中期には「赤青コレクタブル」の隆盛からデッキの低速化を求められ、《ビグ・ザム》等が入るように。未だカード不足な感は否めないので、EX3弾に期待したいところです。

・「茶単デビル」
《デスビースト》、《デス・バーディ》といったカード達で毎ターンロールコストの使いきり、展開力で相手より優位に立つことを目的としたスライタイプのデッキ。このデッキは「茶」が擁する《魔性の支配力》や《死の包囲網》といった優秀なコマンド、オペレーションによって支えられ、その対応力の高さから環境後期からめきめきと使用率を上げていきました。「ユニコーンの日」「希望の象徴」では追加されるカードはほぼ「青」と「赤」なので、大きな変化はEX3弾を待つことになりますが、次環境でもその高いポテンシャルを発揮してくれるでしょう。

・「白単W」
「CROSS LINK」では《ガンダムサンドロック》をはじめとする4国ユニットの大量追加から、《セッション》の価値が相対的に上がり一躍人気のデッキに。環境初期では一大勢力を誇っていましたが、後期では環境の低速化から《セッション》を有効に使える場面が少なくなってしまう場面も。とはいえ《ウイングガンダムゼロ》等長期戦向きのカードも多数存在するので、これからの研究が待たれるところです。

・「赤青コレクタブル」
「宇宙の呼ぶ声」環境から高い実力を備えていたこのデッキは、「CROSS LINK」環境でもトップメタと言っても差し支えない位の使用率を誇っていました。特に《ジンクス(ピーリス機)》を得たことによって「改装」や「高機動」に対しての回答を設定することが出来ました。

・「赤青黒00」
「赤青コレクタブル」の亜種とも言えるデッキ。「場に出た場合~」に着目し、《ソレスタルビーイング》や《再登場》から《ユニコーンガンダム(覚醒)》や《ザンネック》等強力な大型高ロールコストのユニットを有効に使えるところが特徴的です。2012年の台湾大会では堂々の1位にもなっています。

・「黒緑デスゲイルズ」
高い継戦能力を備えた「CROSS LINK」デザイナーズデッキ。詳しくはこちらで解説しています→【GWN】第一回個人主催大会「赤服杯」レポートその3~デッキ分析:デスゲイルズ編~

・茶系3色
「共に戦う仲間」のG変更能力を有効に使った変則系デッキ。基本の形は茶+00の色編成で組まれています。「茶」のカードプールの充実や《ジンクス(コーラサワー機)》《グラハム専用ユニオンフラッグカスタムⅡ》等の低ロールコスト00カードの登場から、再び姿を見るようになってきました。

以上。「CROSS LINK」で活躍したと感じたデッキを挙げていきました。全体としてはスローテンポなプレイングが主流だと感じていましたが、先日の赤服杯ではハイテンポなデッキがしっかり結果を残しておりまだまだ環境は混沌としていると再認識。
「ユニコーンの日」「希望の象徴」では「色」としてではなく「作品」として構成されたUC単が環境のスタートになると思うので、それに合わせてデッキを作っていきたいところです。

次回は「ユニコーンの日」「希望の象徴」レビューの予定!お楽しみに。
スポンサーサイト
TCG  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。