07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

3年契約の日記

ハマスタ行きたい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【GWN】宇宙の呼び声環境考察その1~青単Z~ 

色んな予定を踏み倒しての新弾環境考察。
1回目は刻の鼓動から続くGWN環境でもトップに君臨する「青単Z」について。
以下サンプルデッキ


【UNIT:28】
3 Zガンダム(バイオセンサー起動時)
3 Zガンダム
3 百式(メガ・バズーカ・ランチャー)
3 百式
3 ディジェ
3 ジム改[ケラノウス所属機]
3 Gディフェンサー
2 バンシィ(デストロイモード)
2 バンシィ
1 ウェイブライダー
1 ガンダムMk-Ⅱ(フライングアーマー)
1 アーガマ
【CHARACTER:8】
3 クワトロ・バジーナ
3 カミーユ・ビダン(刻の鼓動)
1 バナージ・リンクス(1弾)
1 カツ・コバヤシ
【COMMAND:11】
3 ニュータイプの相克
3 ニュータイプの力
3 宇宙を駆ける
2 守る決意
【ACE:3】
2 Zガンダム&カミーユ
1 アプサラス&アイナ



正統なフィニッシャーである《Zガンダム(バイオセンサー起動時)》や青に似合わない強力な除去効果を持つ《ニュータイプの相克》、「ゲイン」に対しての効果も然ることながらブーストという新たな動きを備えている《Gディフェンサー》にプランを支えるサーチユニーク《宇宙を駆ける》と今回も非常にアッパー調整がされた印象のある「青単Z」。
前環境では《百式》の流れから《Zガンダム》に移るには《Zガンダム&カミーユ》や《アーガマ》等カードをより使わなければ出来なかった部分があり、《Zガンダム》の使いづらさが目立っていましたが《Zガンダム(バイオセンサー起動時)》は自前で戦闘配備を持っている為、かなり使い安いと思います。展開から《カミーユ・ビダン》を乗せてテキストを使用できるコストが残る点も好印象。
また《ニュータイプの相克》も含めて防御ステップの攻防が中心となるのでダメージ判定ステップに改装出来、ミラーに対しての回答となる《バンシィ》2種は引き続き青単Zに入ってくるのではないでしょうか。
《宇宙を駆ける》の登場もあってより自分のプラン形成やより相手に対応することが可能となった「青単Z」。トップメタとしてしっかりと意識したデッキ構築をしていきたい所です。
スポンサーサイト
TCG  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。